月別アーカイブ: 2016年3月

ステロイド系の塗り薬

未成年の頃、チョコやスナック菓子をたくさん食べると翌日にはニキビが現れていました。食べ物がここまで影響するんだ、と痛感したものです。

それから、年齢を重ねるとともに食べ物にも注意するようになり、あまり食さないようにしています。

そのせいかニキビもすっかり見られなくなりました。昔、ニキビが顔の上部にいっぱい出てきてしまった時に、人に会いたくなくなる程の状態だったので、薬を貰いに行くとこにしました。

先生に、薬を出しますので、塗って様子をみてちょうだいと言われ、ステロイド系の薬が向いているとの診断で、処方されました。ステロイド系の塗り薬の効果は素晴らしいものですが、強い薬の為、患部が改善してきたら塗る間隔を少なくしていかなければならないそうです。ニキビがなぜできるのか?その原因のひとつに、乾燥がふくまれています。肌の余分な油脂がワケじゃなかったの?と疑問に思う人持たくさんいらっしゃるでしょう。当然、余分な油脂のせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつなのは間ちがいありませんが、だからといって逆に油脂を落としすぎてしまうと、今度は肌の乾燥がひどくなり、それがニキビができる元凶となってしまうのです。ニキビが気になってしまうからといって顔を洗いすぎてしまうと、必要となる油脂も落としてしまい、かえって逆効果になります。どんなに多く洗っても洗顔は一日二回までを守りましょう。大事なのは十分に洗顔料を泡立て、直接肌に手を触れ指せずに、泡を使って顔を洗うということ、顔を洗い終えたらすぐに保湿をおこなうことです。少し前、連続して徹夜をしてニキビ面になってしまいました。私はまあまあニキビができやすい体質なので、少し肌に負担を掛けただけでもブツブツ顔になるのです。だから、忙しかろうとなかろうと、なるべく早くベッドに入り十分な睡眠をとるように努めています。睡眠不足が一番ニキビに悪いと思います。私自身、ニキビ予防に効く飲み物は、まだ知りません。しかし、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌荒れになる事があるので、辞めておいた方がいいということです。

ニキビと肌荒れは別ですが、肌に良くない事をすると、ニキビをひどくする原因にもなるのです。ニキビが悪化すると、芯を持ったように固く、触ると痛みを感じるといった症状になります。ニキビが出来ると、何となくその箇所を確かめたくて触ってしまいたくなりますが、触るとまた雑菌が入って長引いてしまうかもしれないので、ケアとしてニキビ対策用のクリームを塗るなどする事によって、清潔に保つようにしてちょうだい。

ニキビができる原因はアクネ菌なので、フェイスタオルやスポンジなどのメイク用品を何人かで共有していたり、直接肌が触れてその通り洗わなかった場合などに、ニキビがうつってしまう可能性も少なくありません。また、手で貴方のニキビを触った後で、顔の他の部分に触れると、その場所にもニキビができてしまう可能性があります。ニキビを防ぐために、朝食で、果物を摂取するようにしています。その季節の旬のフルーツをどんなことがあっても食べています。ご飯でフルーツを摂取するようになってから、お肌を褒める人が多くなり、生理前でも吹き出物が出来なくなりました。お通じが改善されたことも、皮脂腺の炎症が発生しなくなったワケの一つと推測できるかもしれません。一般的に生理が近付いてくるとニキビができる女性は少なくないと思います。ニキビができるワケとして、女性ホルモンのバランスが崩れ、肌が荒れやすい状態になってしまうのと、生理が来る頃にはどうしても甘いものが欲しくなったりするので、ニキビになることが多くなってしまうのでしょう。